女性向けプロテインの選び方とオススメ7品

更新日:

女性向けプロテインの選び方とオススメ7品

https://dietbu.com

ダイエットがはかどる女性向けのプロテインとその選び方を分かりやすく解説!

女性向けプロテインは、ボディメイク、減量、食べ過ぎ防止など、上手に使えば十分な効果を発揮する。

 

男性向けの情報は多いけど、女性向けプロテインは情報も少なく選び方も違うから注意が必要。

この記事を読んで、女性向けの正しいプロテインの選び方をマスターしよう♪

この記事の内容

  • ダイエットのためのプロテインの基礎知識
  • 女性向けプロテインの効果と選び方
  • オススメの女性向けプロテイン7選

プロテインとは

プロテインとは

プロテインとは

まずは、念のためにプロテインに関して基礎の確認。

本来の意味はタンパク質

プロテインとは「タンパク質」のこと。「炭水化物」、「脂質」と共に3大栄養素の一つ。

 

ふだん食べているもので言えば、肉、魚、卵などで、これらは動物性タンパク質。

他にも豆腐、納豆、枝豆、そば、バナナなどは植物性タンパク質。

 

人間の体から水分を除いた約半分はタンパク質!つまり、われわれの体を構成する大切な物質。

体に必須の栄養素

髪の毛や爪が毎日伸びるように、皮膚も新旧入れ替わり、内臓や筋肉でさえも少しずつ分解と合成を繰り返されて体はできている。

わたしたちの体を常に新しくピカピカの状態にしてくれるのがプロテイン=タンパク質の役割。

だから、毎日しっかりとタンパク質を摂る必要がある。

ダイエットにおけるプロテイン

日本でダイエットにおけるプロテインというとタンパク質そのものより、サプリメントのようなイメージがある食品のこと。

パウダー状、バー状、液体、ゼリー状など様々な形態で店頭に並んでいるけど、この記事では特にドラッグストアなどで手軽に買えるパウダー状のプロテインについて解説する。

プロテインの種類

プロテインの種類

プロテインの種類

パウダー上のプロテインの種類はいくつかあるけれど、日本では主に下の3つが流通している。

大きな違いは原材料。

ホエイ プロテイン

牛乳から作られる動物性タンパク質。

ヨーグルトの上澄みを乳清(にゅうせい=ホエイ)というけれど、それがホエイプロテインの元になっている。

吸収されやすく、あっさりしていて飲みやすいのが特徴。

 

価格が高めだけど、吸収スピードが速いからトレーニング後すぐに栄養補給したい、アスリートやボディメイク上級者などにオススメ。

ガゼイン プロテイン

ホエイと同じく牛乳から作られる動物性タンパク質。

違いは、ホエイが水溶性のため吸収が速いのに対し、ガゼインは不溶性のため吸収スピードが遅い点。

 

その特性を利用して、満腹感を維持するために間食で摂取したり、長時間のトレーニングや寝る前に飲んだりして体に栄養がある状態を長持ちさせる飲み方にオススメ。

ソイ プロテイン

ソイ=豆。大豆から作られた植物性タンパク質。値段が安い。

ガゼインプロテインと同じく吸収が遅く腹持ちが良いから、間食で摂るのもオススメ。。

 

大豆に含まれるイソフラボンも入っているから、お肌や髪の毛など女性の美容にも効果的。

ボディメイクよりもダイエット目的の女性に向いている。

ただし、他のプロテインに比べて溶けにくいので、人によっては少し飲みにくいと感じる場合がある。

女性に多いプロテインの誤解

女性に多いプロテインの誤解

女性に多いプロテインの誤解

プロテイン自体はとても良いし、摂った方が良い場合も多い。

でも、それはふだんから食事をしっかり摂り運動をしている女性に対してのみ。

そうでない場合のプロテインは、肥満の根本的な解決にならないからあまりオススメしない。

なぜなら以下の4つの理由があるから。

プロテインの効果は全員にあるわけではない

「女性向けプロテインの選び方」という記事の冒頭でいきなりだけど、ダイエットにプロテインは必須なわけではない😓

プロテインを摂らなければ絶対に痩せられないわけでもないし、飲むと大幅にダイエットがはかどるわけでもない。

飲めば飲むほど痩せるわけではない

特に若い世代で多いのが、プロテインが痩せる効果抜群の食品だと思っている誤解。

プロテインは、飲めば飲むほど痩せるものではない

プロテインのダイエット効果は以下のような仕組み。

  • 不足しがちな栄養を補うから脂肪を燃焼しやすくする
  • 筋肉量が増えるから代謝が上がる

飲むと必ずマッチョになるわけではない

プロテインは元々マッチョになりたい男性が摂っていたイメージが強くて、女性も同じくマッチョになってしまうのではないか?と心配になる人もいる。

でも、それは運動の仕方と飲み方に依って変わるから、飲むだけで全員がマッチョになるわけではない。

食事を摂らずにプロテインを摂るのは間違い

そして、ダイエット部が基本的にプロテインを勧めない理由がコレ。

きちんとした食事を摂らずにプロテインだけで栄養をカバーできると思っている場合があるから。

プロテインはあくまで補助。まずは食事をしっかり摂り、足りない部分をプロテインで補うという形が理想

置き換えダイエットとしてのプロテインは場合による

過食の場合、1食程度を置き換える目的によるプロテインの活用はあり得る。

ただ、ダイエットをしなければならない女性の多くは、元々の食事バランスが悪くて肥満になっている場合がある。

そこで1食減らし、さらにプロテインだけという偏った栄養の摂り方をするとかえって太る場合もあるから注意が必要。

プロテインをオススメする女性/しない女性

プロテイン ダイエット

プロテイン ダイエット

ダイエットにプロテインは必須ではないけど、体型やダイエットのレベルに応じて摂った方が良い/摂らない方が良い場合がある。

プロテイン摂取をオススメする女性

  • 運動を定期的にしっかりしている
  • 食事をしっかり摂っている
  • すでにある程度体型のバランスが良い

プロテイン摂取をオススメしない女性

  • ふだん運動をしていない
  • 偏食や食べないことが多い
  • 極端に肥満度が高い

女性向けプロテインの効果

ボディメイクする女性たち

ボディメイクする女性たち

女性向けプロテインでは主に次の4つの効果が期待できる。

女性向けプロテインの効果

  • 筋肉を大きくする(ボディメイク)
  • 筋肉量を増やす(代謝UPで減量)
  • 空腹感を抑える(食べ過ぎ防止で減量)
  • 美容と健康

筋肉を大きくする効果→ボディメイク

ほとんどの女性の場合、筋肉を大きくすると言っても男性のようにマッチョになりたいわけではないはず。

多くの女性が望むのはメリハリのある女性らしい体型、つまりバストアップやヒップアップなどのために筋肉を大きくしたいというもの。

要するにボディメイクのためにプロテインを摂って筋肉を大きくする目的がこれ。

筋肉を増やす効果→代謝UPで減量

ダイエットで食事量が減ると筋肉量も落ちやすく、一旦体重が落ちてもその後リバウンドしやすくなる。

そのために、ダイエットで食事量を制限した際は補助的にプロテインを摂り、筋肉量を維持するという効果に期待する場合がこれ。

痩せ体質を維持するためのプロテイン。これを飲むだけで体が引き締まるわけではないので、併せて食事や運動も必要な点には注意。

空腹感を抑える効果→食べ過ぎ防止で減量

ダイエットであっさりした食事ばかりだと、どうしても満腹感が得られにくい。

また、しっかり食べて満腹になったとしても食事内容によっては消化が早く、すぐにお腹が空いてしまい過食につながる場合がある。

それを防ぐために、3大栄養素の中でも特に消化されにくいタンパク質で腹持ちを良くしようという目的

美容と健康の効果

筋肉とは別の目的としてプロテインに期待する効果が美容と健康のため。

ツヤのある髪の毛、潤いのある肌、余分な脂肪の少ない体、どれもタンパク質(プロテイン) の働きによるもの。

体の調子が悪い、脂肪がどうしても落ちないという場合は、タンパク質が不足しているのかもしれない。

女性向けプロテインの選び方と摂るタイミング

女性向けプロテインの選び方と摂るタイミング

女性向けプロテインの選び方と摂るタイミング

 

ここからが本題、女性にオススメのプロテインの選び方!

まずは、あなたのプロテインを摂取する目的が下の4つのどれか?で変わってくる。

プロテインの目的は?

  • ボディメイクしたい
  • 代謝UPで減量したい
  • 食べ過ぎ防止で減量したい
  • 美容と健康のため

ボディメイクしたい場合

特にバストアップやヒップアップなど筋肉を大きくしたい場合にオススメなのは、筋肉増強効果の高いホエイプロテインやガゼインプロテインなど動物性タンパク質。

 

特に、筋肉作りには摂取するタイミングも大切。

ホエイプロテインは吸収スピードが早いため、トレーニング後のベストな時間帯に効果を発揮しやすく一番のオススメ。

次に、吸収スピードは落ちるものの、動物性タンパク質であるガゼインプロテインがオススメ。

代謝UPで減量したい場合

筋肉を大きくする効果よりも、筋肉量を増やして体脂肪率を下げたり健康的に痩せたい場合はソイプロテインがオススメ。

食事だけでは足りない栄養を補う目的のため、食事にプラスした摂取がオススメ。

食べ過ぎ防止で減量したい場合

この場合もソイプロテインがオススメ。

吸収スピードがゆっくり(消化・吸収に時間が掛かる)でさらに食欲を抑える「ガルシニア」という成分が入った商品もあり、食べ過ぎを防いでくれる。

満腹感を得るために食前の摂取が効果的。

美容のため

美容目的の場合も、ソイプロテインがオススメ。

ダイエット女性に嬉しい栄養素を多く含むから、体をボロボロにせずつややかに保ったままダイエットを進められる。

美容のための栄養補給なので、食後の摂取が効果的。

女性向けプロテインのオススメ(ボディメイク)

ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg

ま、まさかのミルキー味のプロテイン!?

ビーレジェンドというプロテインメーカーと不二家のコラボで実現した、驚きのプロテイン。

 

一見ふざけ過ぎなウケ狙い商品かと思いきや、なんとプロテイン含有量は1食21gという多さ!

甘すぎるプロテインは、糖質が多すぎるかと思いきや、1食4.7gだから普通のプロテインレベル

 

見た目と裏腹にかなり真面目なプロテインでした💦

商品名ビーレジェンド ホエイプロテイン ペコちゃん ミルキー風味1kg
種類ホエイプロテイン
プロテイン量21g/1食分(30g)
目的ボディメイク
対象性別女性
オススメ度★★★★★
価格¥4,100 (¥4.1 / g) 

アマゾンで見る

BODY SUPPORT W ウイダー チョコボールプロテイン チョコボールいちご味 900g (約45回分) ホエイプロテイン

そしてさらに、チョコボール!

ウェイダーinゼリーやチョコボールを出している森永製菓が作ったプロテイン。

 

チョコボール形態でお手軽に食べられるかと思いきや、普通に中身はパウダー状だから期待し過ぎないように注意。

あくまでプロテインの味が、チョコボールのイチゴ味風味。

プロテインを美味しく摂れるという意味ではオススメ!

商品名BODY SUPPORT W ウイダー チョコボールプロテイン チョコボールいちご味 900g (約45回分) ホエイプロテイン
種類ホエイプロテイン
プロテイン量14.2g/1食分(20g)
目的ボディメイク
対象性別女性・男性
オススメ度★★★★☆
価格¥3,980 (¥4 / g) 

アマゾンで見る

女性向けプロテインのオススメ(代謝UPで減量)

大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン

品質にこだわったソイプロテインならこれ。

砂糖、人工甘味料はもとより、保存料、着色料、香料なども不使用。

日本国内で精製された非遺伝子組み換え大豆を使用し、食物繊維、カルシウムが豊富なソイプロテイン。

カロリー計算しているダイエッターや、素材を重視するプロテイン上級者にもオススメ。

商品名大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン
種類ソイプロテイン
プロテイン量16.9g/1食分(20g)
目的減量
対象性別女性・男性
オススメ度★★★★★
価格¥2,100 (¥2.1 / g) 

アマゾンで見る

ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味 トライアルタイプ 10.5gx6袋

プロテイン初心者にオススメのお試しサイズ♪

1回分ごとに小分けパックされたプロテインが6回分。

ココア味でとても飲みやすく作られているソイプロテイン。

ダイエットに必須のビタミンB群が7種と、美容の味方ビタミンCも含まれているから特に女性にオススメ!

商品名ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100 ココア味 トライアルタイプ 10.5gx6袋
種類ソイプロテイン
プロテイン量7.5g/1食分(10.5g)
目的体の引き締め
対象性別女性・男性
オススメ度★★★★★
価格¥769 (¥4.3 / g) 

アマゾンで見る

女性向けプロテインのオススメ(減量)

明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味

プロテインといえば定番ザバス!

そのウェイトダウンタイプは、減量したい人向けのプロテイン。

ほぼどこのドラッグストアでも手に入る。

 

プロテインだけでなく11種のビタミンと3種のミネラルも入っているから、ダイエットで栄養バランスを崩しやすい女性にもオススメ。

商品名明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g
種類ソイプロテイン
プロテイン量16.8g/1食分(21g)
目的減量
対象性別女性・男性
オススメ度★★★★☆
価格¥3,781 (¥4 / g) 

アマゾンで見る

明治 ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g

同じくザバスの減量(ウェイトダウン)シリーズのチョコレート味!

上のヨーグルト味と内容はほぼ同じ。

11種のビタミンと3種のミネラルが含まれているので、栄養バランスを整えたい女性にオススメ。

 

空腹感を抑えるガルシニアエキスも入っているから、食前に飲んで食べ過ぎを防ぐ効果も期待できる。

商品名明治 ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g
種類ソイプロテイン
プロテイン量16.5g/1食分(21g)
目的減量
対象性別女性・男性
オススメ度★★★★☆
価格¥4,173 (¥4 / g) 

アマゾンで見る

女性向けプロテインのオススメ(美容)

明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】 700g

女性向けのプロテインと言えばこれが定番。

1回に推奨される量も少なくミルクティーの味付けになっているので、女性でもとても飲みやすい!

プロテインだけでなくお肌に嬉しいコラーゲンも入っているので美容効果も期待できる。

 

体を引き締めたい女性向けに開発されたとなっているけど、肝心のプロテイン量は少なめ。

だから、どちらかと言うと美容向けのプロテインとしてオススメ。

商品名明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】 700g
種類ソイプロテイン
プロテイン量7.2g/1食分(14g)
目的体の引き締め
対象性別女性
オススメ度★★★★☆
価格¥3,000 (¥4.3 / g) 

アマゾンで見る

まとめ

女性向けプロテインのオススメと選び方

女性向けプロテインのオススメと選び方

この記事では、主に女性向けプロテインの効果と選び方、さらにオススメのプロテイン商品を紹介してきた。

目的に応じて4種類の選び方があり、それぞれに最適なプロテインがあることが理解頂けたと思う。

 

ダイエットでは、食事や栄養のコントロールは特に重要。

ふつうに生活していると不足しがちなタンパク質を、プロテインという補助食品で調整するのは上手な利用方法。

 

プロテインを始めサプリメントは、それ一辺倒にならないよう注意しながら上手に利用しよう!

ダイエットの食事の答え

ダイエットの食事で「正解」が知りたいならこの本がおすすめ

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

痩せる食事、ダイエットレシピ…ダイエットの食事に関しては、情報が多すぎてもう何が何だか分からない…。

という人は多いはず。

それはその通り。最適な食事は個人差があるから混乱するのも当たり前。

誰かのダイエット成功のレシピは、あなたに当てはまるとは限らない。

 

でも、この本はすごい!

「複数の専門家」が、「科学的に何百人、何千人と調査」して積み上げた「事実」だけをベースにした情報だけ!

 

つまり、これまでのどのダイエット専門家や管理栄養士、医者の言葉よりも正解に近い、究極の「ダイエットの食事方法」。

ダイエットだけでなく健康そのものにフォーカスした本だから、健康的に痩せることができる点もオススメ♪

 

ダイエット部の食事のアドバイスの多くは、この本の情報を科学的な根拠として参考にしている。

アマゾンで見る

LINEダイエット相談

ダイエット相談をLINEで受付中♪

LINE@友だち追加ボタン
  • この記事を書いた人

ダイエット部編集部

ダイエット初心者女性向けダイエット情報サイト|年齢や体質によって自分に合うダイエット方法は違う|あなたに合ったあなただけのダイエットを個別にアドバイス♪相談はLINEから|自宅で出来るダイエット運動も発信中

-ダイエットの食事
-, , , , ,

© 2020 ダイエット部