短期間ダイエットで今すぐ減量!?食事制限系ダイエットはここに注意!

更新日:

グリーンスムージー

「明日体重測定がある!」、「来週卒業写真の撮影がある!」などの理由でどうしても短期間で体重を減らす必要がある場合は、特別ケースとして短期間ダイエットに取り組む場合もある。

ただし、よくリスクを理解してから目的と目標を明確にしてから取り組むべし。

短期間ダイエットに興味が高い女性は多く、ダイエット部のLINE@相談でも「来月までに5キロ落としたい!」といった要望はとても多いけど、もちろん通常のダイエットとして、焦らずゆっくりと体重を減らした方がリバウンドのリスクが低くて体に安全なのは言うまでもない。

置き換えダイエット

置き換えダイエットとは

3食の内、1、2度の食事を低カロリーのダイエット食に置き換える方法で、1日に摂取するトータルなカロリーを抑えることを目的としている。

置き換えるのは夕食がもっとも効果が高く、2食置き換えの場合は夕食と昼食を推奨している。

なぜなら、人間の体が脂肪を蓄えようとするタイミングは夜の方が高いため、遅い時間の食事を低カロリーにすることによってそれを避けるという理屈。

置き換えの内容

通常の食事を置き換える内容としては、以下のようなものが多いが、ダイエット食品と一般的な食材との違いはコストや含まれる栄養素など。

専用ダイエット食品

専用のダイエット食品はお金を掛ける必要があるものの栄養素は一通りカバーされていることが多い。ドラッグストアや専門店、通販などでしか手に入らないことが多い。

  • スムージー
  • プロテイン
  • おからクッキー、ゼリーなど
  • 専用のダイエットシェイク

一般的な食材

手に入りやすく安価で済む。栄養素については自身で注意をする必要があるため、いわゆる単品ダイエットになりやすく栄養が偏る。

  • サラダ
  • スープ
  • フルーツ(バナナやリンゴなど)
  • ヨーグルト
  • 海藻

置き換えダイエットのリスク

  • お金がかかる
  • 専用食品は入手するのに手間がかかる
  • 栄養が偏る

置き換えダイエットはあくまで短期的な解決方法

経済的な面からも栄養的な面からも、つまり置き換えダイエットは短期的な解決方法。

あくまで一時的、超短期的な目的のために取り入れることはあっても、決して長続きさせられるダイエット法ではない。

炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットとは

日常の食事から炭水化物の摂取を少なくし、短期間で痩せるダイエット方法。

具体的には、食事の内、白米などの米類、食パンや菓子パンなどのパン類、パスタやうどんなどの麺類、いわゆる主食と言われ量的にはもっとも多い食材を摂らずに、その他のおかずだけで食事を済ませること。

なぜ炭水化物を抜くと痩せられるのか?

炭水化物は糖質と食物繊維で構成される。

糖質は血中の血糖値を上げ体中にエネルギーとして運ばれるが、余った分は中性脂肪となり蓄積される。それをカットすることによって肥満の原因物質を取り除くため、ダイエットが大きく進むとされている。

炭水化物抜きダイエットのリスク

一見すると肥満の原因とされ、悪役のようにとられる炭水化物。でも、糖質も食物繊維も、体に必須の栄養素。

それを制限して痩せようとする炭水化物抜きダイエットは極端に栄養素が足りない状態を作り、体を「飢餓モード」にする。つまり代謝を下げて脂肪が燃えにくい体質にしてしまう。

さらに糖質不足は、集中力の低下、日中眠たくなる、体が臭くなる、などの問題も引き起こし、食物繊維の不足は、腸内環境の悪化による代謝の低下、便秘などの原因にもなる。

炭水化物抜きダイエットはあくまで短期的な解決方法

ちなみに、炭水化物抜きダイエットをして野菜中心生活にしたとしても、実は前述の主食以外に野菜にも炭水化物は含まれるている。

だから、炭水化物抜きダイエットとは、そもそもも実践が難しいダイエット法であると言える。

繰り返し述べてきたように、体に必須な炭水化物を抜くダイエットは実行できたとしてもほんの数日。どうしても取り入れる際は、超短期的な方法として注意しておく必要がある。

短期間ダイエットのまとめ

今の時代、ダイエットの方法は多種多様。

それこそ体質や生活習慣によって、自分にあったダイエット方法を見つけ出すのは大変。

実行する際はリスクを理解してから

短期間で痩せた体は短期間で元に戻る可能性が高く、いわゆるリバウンド後はさらに痩せにくい体質になっている場合も多い。もう一度、短期間ダイエットののリスクをまとめると以下の通り。

  • 専用食品はお金がかかる
  • 栄養が偏る
  • リバウンドする可能性が高い
  • 太りやすい体質を作る可能性が高い
  • 日常的な不調に繋がる可能性がある

だから、どうしてもの理由で短期間ダイエットをする際は、よくリスクを理解した上で進めるべき。

短期間ダイエットは期限を切り目的と目標を明確に

どのダイエットを実行する場合も、長期のダイエットと短期のダイエットの違いと、それぞれのリスクと効果をよく理解した上で始めることが大切。

それらのリスクをおかしてまで実施する目的(何のためにやるのか?)と、ゴールまでの目標(具体的に毎日何をやるのか?)、体に負担のかかる無茶な状態は期限を切って(いつ終了するのか?)を明確にして進める必要がある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ダイエットの食事
-, , ,

Copyright© ダイエット部 , 2019 All Rights Reserved.