痩せ期・太りやすい期!生理周期別ダイエット法まとめ

更新日:

生理とダイエット

これまでダイエットしたけど辞めてしまった経験はない?

女性が無理せず痩せるには、「生理周期」と「痩せ期」、「太りやすい期」の関係を理解しよう。

この記事ではそれぞれの期間における、ダイエットに最適な食事と運動についても紹介!

生理周期と痩せ期・太りやすい期

白湯ダイエット

生理が始まった日を1日目として

痩せ期7日目~14日目
太りやすい期18日目~生理終了日

無理のないダイエットを行うには、生理周期と体の仕組みを理解しよう。

わたしたち女性の体は、代謝を上げて痩せやすくなる時期と脂肪や水分を溜めこみ痩せにくい時期とがある。

この一連の時期に関与するのが「生理周期」で、生理が始まってから次の生理が来る前日までの期間。

痩せやすい時期は、生理周期の約7~14日ごろで、痩せにくい時期は生理周期の18日から生理終了までになる。

生理周期の体の仕組みを知っておくことで、ダイエットの手助けになる女性ホルモンがいつ活発になるかを知ることができ、無理のないダイエットをすることができる。

ダイエットに関係する女性ホルモン

美尻と美脚

生理周期に関与する女性ホルモンは、ダイエットを助ける「エストロゲン」とダイエットを中断させる「プロゲステロン」の2つ。

エストロゲン:ダイエットお助けホルモン

子宮内膜を増殖し肥厚する働きや卵巣で卵子を成熟させて排卵を促す。

骨の形成や女性特有の丸みを帯びた体づくり、肌や髪質を整える作用もある。

また、代謝を促進させ、自律神経が整いやすく気持ちも前向きになる。

エストロゲンの分泌量が増える時期は、ダイエットをしている女性の強い味方になる。

プロゲステロン:ダイエットお休みホルモン

卵胞期から排卵期で肥厚した子宮内膜を柔らかくして受精卵を着床しやすくする働きをする。

このほかに乳腺を形成し生理前の胸のハリや痛みを引き起こす。

プロゲステロンの分泌量が増える時期は、水分や脂肪、栄養を溜め込みやすく、むくみや便秘など体の代謝も下がる。

落ち込みやすくなったりイライラしたりと、心が不安定になるなど、体の不調を引き起こしやすくなる。

生理周期における痩せ期

生理周期における痩せ期

生理周期における痩せ期

生理周期の痩せ期は、「卵胞期」と「排卵期前半」。

この時期は、代謝を促進させるエストロゲンの分泌量が増えるためダイエットの後押しをしてくれる時期。

痩せ期の特徴

  • 代謝が盛ん
  • 気持ちがポジティブ
  • 肌や髪質の調子が良い
  • 便通も比較的スムーズ

痩せ期の運動

痩せ期の運動

痩せ期の運動

この時期は気分も上向きで、ポジティブ思考になれる時期。

エストロゲンの影響で体の代謝も上がっていることから、筋トレなどを取り入れて有酸素運動と筋力アップを図ろう。

痩せ期のダイエット継続のコツは、無理なくできる運動を毎日続けること。

運動が苦手な人は、気になる部分の筋トレや短時間での効果的な運動を取り入れるなどして、生理前の痩せにくい時期にリバウンドをしないような継続した体づくりを心がけよう。

痩せ期の食事

痩せ期の食事

痩せ期の食事

生理が終わり、代謝がよくなることで、便秘で悩むことも少なくなり老廃物は体の外へ。

この時期は、代謝が上がっていることから、運動量にあわせて適度な食事制限を行うのもおすすめ。

ただし、偏った食事は体調を崩すもとになるため、朝昼晩の3食はきちんと食べること。

栄養バランスが偏らないように、一つ一つの食品の量を減らしバランスはそのままで少量ずつ食べるなどの工夫をしよう。

特に生理後は、生理で不足している鉄分などの栄養素を含む食品を意識してとるとよい。

生理周期における太りやすい期

ダイエット失敗

生理周期内の太りやすい期は「黄体期」と「月経期」。

この時期はプロゲステロンの影響で代謝が落ちて水分や脂肪などをため込みやすく痩せにくい時期になる。

生理前の胸のハリや体のだるさ、イライラ、不安などの感情のコントロールがしにくい時期でもあり、生理中は体を休めることが最優先。

太りやすい期の特徴

  • むくみやすくなる
  • 便秘になりやすくなる
  • 代謝が下がる
  • イライラしやすい
  • 心が不安定気味

太りやすい期の運動

音楽は人を動かす

photo: hellogiggles.com

前述の通り生理前は代謝が落ちるため、思うように体重が減らないばかりか、体重が増えたということもよくある。

だけど生理前や生理中は体に負担がかかっている状態だから、激しい運動や無理のし過ぎは禁物。音楽を聴きながらのウォーキングやテレビを見ながらのストレッチなど、比較的軽めの運動で十分。

この時期は、痩せないことに気持ちが焦ってしまったり、イライラしたりすることもあるけど、痩せにくい時期であることを知っておくことで少しは心を落ち着けることができる。

また、生理中の冷えは生理痛を大きくする原因の一つでもあるから、体が冷えないように注意しよう。

生理前

痩せにくい時期の運動法は、生理前までは軽めのストレッチやヨガなどで汗をかき、体重を落とすのではなくむくみなどによる体重増加を予防しよう。

生理中

生理痛やだるさなどで身体への負担が大きい時期。生理が終わるまで運動は控えて身体を休めることに徹して、安静に過ごそう。

太りやすい期の食事

ダイエットでは水分補給をしっかりと

Photo: weheartit.com

生理前

むくみやすい時期だけど水分はこまめにとること。また、また便秘を解消するために、食物繊維を意識してとろう。

この時期は無理な食事制限はせず、甘いものを体が欲する時期でもあるため痩せ期に頑張った自分にご褒美をするのもよい。

生理前は体に老廃物が溜まりやすくニキビや肌荒れが起こりやすいため、ご褒美の際のケーキやチョコレートなどのとり過ぎは厳禁。

生理中

食事制限はやめてしっかりと食事し、鉄分を含むものを積極的にとるとよい。

ただし、生理前と同様にアルコールや脂質の多いものは避けるようにしよう。

まとめ

生理とダイエット

生理とダイエット

2つの女性ホルモンの働きを理解し、生理周期に合わせてダイエットをすることで無理をせずダイエットを進めることができる。

生理周期と女性ホルモンはあくまで効果的にダイエットをするための指標だけど、自分の生理周期を把握して無理のない効率的なダイエットをしよう。

この記事は役に立った?

星を付ける

この記事がお役に立てなくて残念です

改善にご協力ください!

LINEダイエット相談

以下の3つのダイエット相談をLINEにて受付中♪

①プログラムによる自動応答
②人間のダイエットアドバイザーによるダイエット相談
③専門インストラクターによる運動メニュー作成

「友だち追加」ボタンをクリックしてね!

LINE@友だち追加ボタン


  • この記事を書いた人

宮座美帆(臨床工学技士・医療ライター)

臨床工学技士の資格を持つ医療ライターです。 「心に寄り添う記事を届ける」をモットーに受診のきっかけ作りをお手伝いしています。 病気、医学、医療業界のことなど経験を通じ皆様のお力になれれば嬉しいです。

-ダイエット方法
-, , ,

Copyright© ダイエット部 , 2019 All Rights Reserved.