運動すれば痩せると思ってない?習慣を見直して生活全般でダイエット

更新日:

女性のカラダに水は必須

不足する栄養を補う意味ではサプリメントはとても役立つけれど、サプリを摂っていれば普段の食事はテキトーで良い❗️

ってわけじゃない✊

同じようにエクササイズやワークアウトは、ピンポイントでカラダのその部位や体力増強を狙えるけど

それさえしていれば他はテキトーで良い❗️

ってわけでもないから、生活習慣そのものから見直していくことが大切

今回はそんなおはなし

食生活がカラダを作る

photo: shinebythree.com

 

食事はより多くの品目から摂取すべし

Large health food selection in white porcelain bowls and dishes

Photo: yourhealthhq.net

なぜなら

いつも同じ内容じゃ栄養も偏るし、自分のカラダに有害なものが含まれてたとしたらそれも蓄積されちゃうからリスクの分散ていう理由。

カラダに必要な栄養素はホントに多くの種類があって、毎食摂取しなくてもいいけど、長い期間でみたら必須なものがあるから、幅広い取得の可能性を確保するという理由。

あと、まだ人間が知らない重要な栄養素が存在する可能性をカバーする理由など。

つまり多様性の確保は、リスクを回避するために有効な手段ってこと👍

 

食事に対するサプリメントの立場

ヘルシーでいたい

Photo: mery.jp

日常の栄養取得において、ベースとなる普段の食事🍚に対し

それだけじゃ足りない栄養素をピンポイントで補うためのサプリはとても助かる。

でも、補助食品はあくまで補助。サブ❗️

それだけですべてがカバー出来るわけではない。

逆に、普段の食事だけですべてカバー出来たら理想なんだけどね〜

 

エクササイズや生活習慣。どちらも大切

ダイエットでは水分補給をしっかりと

Photo: weheartit.com

食事に対する補助としてのサプリのおはなしと同様

普段の生活だけで必要な運動量を確保するのは都会暮らしのほとんどの人には難しいから

補助としてエクササイズや運動が必要になってくる

運動や筋トレ、ワークアウトやエクササイズにフィットネス🏋

それらは痩せたり、健康を維持するための手段の1つに過ぎない。

「いっぱい運動したから、甘いもの食べてもいいんだ~♪」

ってわけでも

「ダイエットのために短期間だけ集中的に汗を流せば痩せる!」

ってわけでもない。(一時的には変わるかもしれないけどね)

 

まとめ。メインとサブをかしこく取り入れる

フルーツとサプリメント

Photo:mery

だから、まずはベースとなる生活習慣ゼンパンを見直しつつ

運動の習慣をバランスよく普段の生活に取り込んでいく♪

って考え方が大切✊

あくまでサプリや筋トレはサブ。メインは生活習慣や食事そのもの。

この二つを賢く組み合わせて、最高のパフォーマンスを発揮すれば

痩せることなんてカンタンカンタン♪

この記事は役に立ちましたか?

星の数で投票

もしこの記事が役に立ったようであれば…

フォローお願いします!

この記事が役に立てなくて残念です

改善にご協力ください!

この記事は何が良くなかったですか?

ダイエットに悩んだらコレ

あなたのダイエットの知識、正しい?


ダイエット検定2級テキスト

いきなりだけど、あなたのダイエットの知識を確認!

下の3つの問題、○か☓、どっち?

 

例題1
肥満の原因となる体脂肪は、少なければ少ないほどよい?

例題2
太りやすい人は代謝が悪い?

例題3
毎日、激しくきつい運動をすることが、ダイエットの王道?

 

答えは3つとも☓。どれも本に載っている例題だけど、全て間違ったダイエットの知識。

この本は正しいダイエット情報がこのような○☓形式で出題、それぞれについて分かりやすく解説されている。

 

本来はダイエット検定用の教本だけど、一般のダイエッターにもオススメ♪

ダイエット部編集部員はこの本でダイエットを勉強、認定試験をパスしてから記事を書いている♪

アマゾンで見る

この記事は役に立ちましたか?

星の数で投票

もしこの記事が役に立ったようであれば…

フォローお願いします!

この記事が役に立てなくて残念です

改善にご協力ください!

この記事は何が良くなかったですか?

  • この記事を書いた人

ダイエット部編集部

ダイエット初心者女性向けダイエット情報サイト|年齢や体質によって自分に合うダイエット方法は違う|あなたに合ったあなただけのダイエットを個別にアドバイス♪相談はLINEから|自宅で出来るダイエット運動も発信中

-ダイエット方法
-, ,

© 2020 ダイエット部