小顔になりたい!顔痩せのストレッチ4選

更新日:

顔痩せしたい

誰もが憧れる、小顔。

顔の大きさは生まれつきだから・・・と諦めてはもったいない!

顔も体の他のパーツと同じように、顔についている筋肉を鍛えれば引き締められるし、巡りを良くすればむくみを解消することだって可能。

今回は、顔の様々なトラブルを解消しながら、小顔に近づけるストレッチを4つ紹介。

ストレッチでの顔痩せ

顔痩せマッサージ

顔痩せマッサージ

小顔を目指す人が多いだけに、現在ではエステやマッサージ、美顔ローラー等様々な小顔になる方法がある。

その中でも「ストレッチ」での顔痩せの方法は、顔にある筋肉=表情筋を鍛えて小顔を目指してゆく。

どの顔痩せ方法にもそれぞれのメリットがあるためどれが1番良い!ということは一概には言えない。

けれどストレッチでの顔痩せは、顔の土台である筋肉を内側から鍛えるため、一度鍛えると顔がむくみにくく太りにくくなったり、継続することでお金を掛けずに小顔になれる、というメリットがある。

表情筋とは?

表情筋とは

表情筋とは

私達の顔には、30種類以上の筋肉がついていて、これらをまとめて表情筋と呼ぶ。

表情筋があることで私達の様々な感情を表情で表すことが出来たり、また、目や口を開閉したり、食べる、吹く等顔の小さい動き1つひとつにも関わっている。

表情筋は30種類以上もあるけれど、普段私たちが使っているのはそのうちの3割程度で、ほとんどの表情筋を使えていないと言われている。

そうなると体の他のパーツと同様、使っていない筋肉は衰え、顔のたるみやむくみの原因になってしまう。

反対に、使っていない筋肉は使えば鍛えられるし、引き締めることも出来る。

小顔を目指す上で、表情筋をいかに鍛えるかはとても重要だ。

表情筋を鍛えるには?

photo: weheartit.com

photo: weheartit.com

意識して大きな表情を作ろう

普段、3割程度しか使えていない表情筋を鍛えるにはどうしたら良いか?

それには、普段していない表情をして、動かせていない眠っている筋肉を使うことが重要!

もちろん笑ったり、目や口を動かす時にも表情筋は使われているけれど、それだけでは3割程の筋肉しか使えていないのだから、意識して動かさないとなかなか表情筋は鍛えられない。

また、普段対人ではなくパソコンに向かって仕事をすることが多かったり、スマートフォンを長時間いじっている時間が長い人は無表情になりがちなため、より意識して表情筋を鍛えた方が良い。

大きな表情は自然なマッサージになる

表情筋を鍛えることで、筋力アップの観点から顔が引き締まるだけではなく、顔の血流やリンパの流れも良くなるため、むくみの解消にも繋がる。

顔の老廃物は、首筋を通って鎖骨、心臓へとながれていくため、顔のストレッチを行なった後にぐるっと首を回してほぐしたり、首筋から鎖骨にかけてマッサージをするのも効果的。

また、ストレスが溜まると表情筋もがちがちに緊張しているので、顔痩せストレッチは顔の緊張をリフレッシュすることにも効果的だ。

次からは、顔のお悩み別に顔痩せに効果的なストレッチを紹介。

ほうれい線、目尻のたるみ、二重あごに効く

こめかみストレッチ

やり方

  1. 右腕を上げて、左のこめかみに手を当てる
  2. 左の目尻とほうれい線を持ち上げるように、手のひらでこめかみをしっかりと引き上げる
  3. 2の状態のまま、頭をゆっくり右に倒す
  4. 鼻から大きく息を吸って 吐きながら、右斜め下に向かって舌を出す「はー」
  5. ゆっくりと元に戻す
    反対も同様に行なう

動画

注意点

  • 2で持ち上げたこめかみの位置をキープしたまま行なう
  • 3の時、持っている方の肩が上がらないように注意する
  • 4で息を吐く時は、浅く短く吐かずに、長く深く吐いて思いっきり舌を出す

目の下のたるみ、むくみ、額じわに効く

ムンクの顔

やり方

  1. 口を「お」の形にして、顔を縦に伸ばす
  2. 顔は正面に向けたまま、目線だけを上に向ける 10秒以上キープ

動画

注意点

  • 1の時は、ほうれい線を伸ばすように顔を思いっきり縦に伸ばす
  • 2で目線だけを上に向けた時、頭も一緒に上を向いたり、額にしわが出来ないように注意

二重あご、首の横じわ、小顔に効く

三角の舌

やり方

  1. 頭を後ろに倒して、喉を伸ばす
  2. 喉の奥から舌を出して、舌先を天井に突き出す

動画

注意点

  • 1の時、頭の倒す角度が甘くならないように、喉が伸びるところまでしっかりと倒す
  • 2の時は、舌で天井にタッチするようなつもりで思いっきり突き出す。舌を三角形にするようなイメージ

顔のむくみ解消

舌のトレーニングと頬のトレーニング

舌のトレーニングのやり方

  1. 口を閉じる
  2. 口の中で、舌を大きく円を描くように動かす
  3. 左右10回ずつ繰り返す

頬のトレーニングのやり方

  1. 右の口角を、右目に近づけて吊り上げる 10秒キープ
  2. 左の口角を、左目に近づけて吊り上げる 10秒キープ
  3. 左右1セット×3セット行なう

動画

注意点

  • 舌のトレーニングでは、口の中の隅々をなぞるくらい出来る限り大きく舌を動かす
  • 頬のトレーニングでは、口角を持ち上げた時に目をしぼめないように、口角だけを吊り上げる

まとめ

顔痩せストレッチのポイントは、恥ずかしがらずに思いっきりすること!

今回紹介した顔痩せストレッチは、なかなか人前では出来ないような顔のものも多い。

だからこそ普段動かしていない筋肉を動かすことで表情筋が鍛えられ、顔痩せに繋がる!

だから顔痩せのトレーニングはそう割り切って、思いっきりやってみよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

「コスモス」ヨガ インストラクター

ヨガインストラクター歴5年。幼少期よりダンスを習い、体を動かすことが好きだったことからヨガインストラクターの道へ。趣味はヨガと旅行、グルメスポット巡り。

-ストレッチ
-, , ,

Copyright© ダイエット部 , 2019 All Rights Reserved.