炭水化物は悪者ではない!でも、その質が問題だった

更新日:

炭水化物

ご飯やパンといった「炭水化物」を抜くダイエットをしている人もいるだろう。

確かに炭水化物を多く摂ると太るし、実際、食事から抜くと体重は減ってくる。でも実は、炭水化物は決して悪者ではないし、むしろ食べないと不健康な体になってしまうのを知っている?

ではどうしたら痩せられるのかというと、「体にいい炭水化物」を食べるといい。ここでは炭水化物の説明と併せて、この「体にいい炭水化物」について紹介!

お手軽度:★★★☆☆
ダイエット効果:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

炭水化物とは

炭水化物=食物繊維+糖質

炭水化物=食物繊維+糖質

「炭水化物」と聞くと、ご飯やパン、パスタといった、いわゆる「主食」をイメージする人も多いだろう。でも実は、炭水化物は栄養素の名前。

炭水化物は、「糖質」と「食物繊維」の2つの栄養素を足したもの。食品のパッケージ裏にある成分表では、「炭水化物」もしくは「糖質/食物繊維」のいずれかの表現で記載されていることが多い。

炭水化物は、一般的にご飯やパン、パスタなどに含まれているから、炭水化物=主食(ご飯/パン/パスタなど)というイメージが定着しているというわけ。主食以外にも、炭水化物はイモ類(じゃがいもやさつまいもなど)や甘いデザート(ケーキやドーナッツなど)にも含まれている。

炭水化物を完全に抜くとどうなる?

炭水化物

炭水化物

炭水化物を摂ると太るといわれるのは、炭水化物の中にある「糖質」に原因がある。糖質には、体に脂肪を溜まりやすくさせる働きを持っているからだ。

摂った糖質は、エネルギーとして消費されれば脂肪の蓄積を回避できる。でも、エネルギーとして消費されなかった糖質は、体内で脂肪を溜め込むところ「脂肪細胞」に行き渡る。脂肪細胞に溜まった糖質は体脂肪と変わるため、太ってしまう。だから糖質は、「ダイエットの敵!」といわれるのだ。

でも、糖質がダイエットの敵となるのは、糖質を摂り過ぎたときや糖質がエネルギーとして消費されなかったときだけ。適切な量を摂ったり、摂り過ぎた糖質を消費するような運動をしたりすれば、悪者にはならない。

しかも糖質は、私たち人間が生きていくうえで活力源となる栄養素。人間のエネルギー源となる栄養素には、他にたんぱく質や脂質もあるけれど、糖質は摂ったらすぐにエネルギー源となるという特徴がある。

糖質を摂らないでいると、体がエネルギー不足となって頭がボーっとしたり、疲れが溜まりやすくなったりする。つまり、生活に支障が出る恐れもある、ということ。

糖質を含む炭水化物を完全に食事から抜くというのは、とても危険なことなのだ。

健康的に痩せるには「体にいい炭水化物」を摂ろう

<炭水化物を完全に抜くとどうなる?>で説明した通り、体に脂肪を溜めさせる働きのある糖質を摂り過ぎると、太りやすくなるというのは事実。

かといって、完全に炭水化物を摂らない生活を送るのは考えもの。では、どうしたら体重を落とせるのかというと、「体にいい炭水化物」を摂ればいい。

「体にいい炭水化物」は太りにくい!

体に良い炭水化物

体に良い炭水化物

実は、炭水化物には「単純(単一)炭水化物」と「複合炭水化物」の2種類がある。
単純炭水化物というのは、普段私たちがよく食べる白米や食パン、パスタ、中華麺といった、見た目が白い主食に含まれていることが多い。

一方、複合炭水化物というのは、玄米やライ麦パン、全粒粉パン・パスタ、穀物(シリアルやグラノーラなど)といった、見た目が茶色の主食に含まれている。体にいい炭水化物というのは、複合炭水化物のこと。

なぜ複合炭水化物が体によく、摂ると痩せる可能性が高まるのかというと、血糖値(体内の糖質の割合を示した数値)の急上昇を抑えてくれるから。血糖値が急上昇してしまうと、インスリンというホルモンが分泌される。

このインスリンは、脂肪の合成を促したり、脂肪の分解を抑えたりする働きを持っている。つまり、血糖値の急上昇を抑えてくれる複合炭水化物を食べれば、インスリンの分泌も少なくなり、脂肪も作られにくくなる、というわけ。

太りにくい「体にいい炭水化物」の食べ方

ダイエットをしたいのであれば、次のように複合炭水化物を取り入れるといい。

  • 朝ご飯に食べる食パンをライ麦パンやグラノーラに変える
  • 夜ご飯に食べる白米のご飯に玄米や十六穀米などを加える

普段食べている単純(単一)炭水化物を含む主食を、複合炭水化物を含む主食に変えるという、とてもシンプルな方法だ。でも、これだけでも体は太りにくくなるし、エネルギーも補給されて体の健康もキープできる。

ダイエットというのは、本来「バランスのいい食事をしっかり摂って、健康的に痩せる」こと。炭水化物も大切な栄養素だから、完全に抜くことはせずに食べるようにしよう。

フルグラ

十六穀米

まとめ

炭水化物は、生きていくうえでエネルギー源となる大切な栄養素である。摂り過ぎてしまうと太るもとになるのであり、適切な量を摂ったり、複合炭水化物のように体にいい炭水化物を摂ったりしていれば、劇的に太ることはない。

今まで炭水化物を含む食材を食べないダイエットをしていたら、ちょっとここでそのダイエットを見直してみてはいかが?

この記事は役に立ちましたか?

星をクリックしてください


この記事がお役に立てなくて残念です

改善にご協力ください!

LINEダイエット相談

「ダイエット相談」、「希望の運動メニュー作成」、どちらも受付中♪

「友だち追加」ボタンをクリックしてね!

LINE@友だち追加ボタン


  • この記事を書いた人

ダイエット部編集部

正しいダイエット情報、運動、食事、生活習慣について情報を発信しています。

-ダイエットの食事
-,

Copyright© ダイエット部 , 2019 All Rights Reserved.